ミニトランクレイアウト

長い間、鉄道趣味の世界から遠ざかっておりましたが、昨年より、メルクリンミニクラブの魅力にはまっております。
昨年夏に、かがみさんのSpur Z Roomのオフミーティーングが京都で開催されたのに参加し、新潟から来られたヨロレイさんのミニトランクレイアウトに刺激を受け、ホームセンターで買い求めたアルミトランクケースの中に、芝生紙を貼り付けた上にフレキシブルレールの敷いただけのスチレンパネルを収納してみました。
これで、いつでも、どこでも、鉄道模型が楽しめます。
Mini
このブログでは、そんなメルクリン・ミニクラブの模型から、鉄道や旅、ワインや写真など私の趣味に関わることをご紹介したいと思っております。

“ミニトランクレイアウト” への3件の返信

  1. メルクリンzゲージの経験は5~6年位の田舎暮らしの初歩者で 画面で見せて頂いておりますので 恥かしながら コメントを書いて お仲間に入りたいです。  今から70年前 子供の頃 モーターとウオームギャーは買えたが トランスは買えなくて  丼に水をはり一銭銅貨を両極に
    塩を落として 電圧を下げ 動かした事がありました それから 60年過ぎて 誰でも出来るが 誰でもあまりやらない 世界最小の Zゲージに巡り合え 架線まで進み ジ゙オラマも多数集め 机の上手の届く範囲が良いです当初は自慢を致しましたが 今は自分だけの
    楽しみに切り替え 大切にしてくれる 欲しい人に順次差し上げたいと思っております。

  2. T. Suzukiさん、コメントありがとうございます。
    レスポンスが遅くなり失礼しました。
    一銭銅貨で動かされたとは凄いですね。
    科学少年だっだのですね。
    Zゲージも最近では多くの人に知られて参りましたし、日本型も続々と発売されてきました。
    私もこのトランクレイアウトを家人の知人たちに披露しまくっております。
    これを機に、これからもお気軽にコメントをお寄せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です