リアルZJ EF81でマイクロゲージ北斗星を牽引

タカラ マイクロゲージの北斗星を小改造してリアルZJのEF81で牽いてみましたが...


カニの機関車寄りのカプラーはマイクロトレインズのマグネティックカプラーに交換
客車間はZJゲージの485系のドローバー部分を切り取り移植
車高が高いのでセンターピンを削ったが、これが良くなかった。
台車が安定せず脱線続出。
動画のように、カプラーが自然開放されてしまい、EF81は単機彼方へ orz

“リアルZJ EF81でマイクロゲージ北斗星を牽引” への2件の返信

  1. こんばんは。
    平坦なところでのカプラー自動開放はいただけませんね。
    HOでもよくありましたが、より小さなサイズの模型だと連結器も小さくなるので、そのあたりが悩ましいところかもしれませんね。

  2. ファジーさん、コメントありがとうございます。
    カプラーよりも台車が不安定なことが一番の原因です。
    この辺りはじっくりと手をかけていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です