Baden谷九 二代目共同レイアウト終端駅

昨年末より取り掛かってきた、Baden谷九 二代目共同レイアウト終端駅のドームもほぼ目途がついてきました。
おおよそ、半年間を振り返ってのまとめ記事です。
Kib36714共同レイアウトのレールプランはこのように、左側を山岳線とした複線のエンドレスをメインに、左右のフレームのそれぞれ独立したエンドレス。そして、複線エンドレスの接続する3線の終端駅となっています。

Kib36714初代レイアウトの名前の由来となったBaden-Baden駅を小ぶりとしたDreieichen駅を右端の台地の上に配すこととします。
Kib36714キットを素組しました。
2016-12-13
Fal222127プラットホーム上には、Gare de l’Operaで使う予定のFallerのNゲージ用のドームを配します。
Frameホームの場所に合わせて、スパンを2コマ縮めました。
2016-12-13
Bahnhofレイアウトに置いてみますと、ちょうど良い具合の大きさです。
2016-12-17
Frame残りのフレームもサイズ変更します。
2017-01-24
Hale両端と中間、下段のガラス屋根を接着し、どうにか形が整いました。
2017-03-18
Glass残りのガラス屋根は接着剤を使わず仮止め状態ですが、一応のメドがつきました。
2017-04-07
Glaserner_zug10周年記念パーティでは、RZモジュールの上に仮置きして中間駅としてみました。
2017-05-13

Bahnhof組み立てにあたり接着剤がはみだし、ガラスのパーツが汚れてしまったものがあります。
Bahnhofまた、ドーム端のガラス部分のフレームも、ガンダムマーカーで塗ってみましたが、これもまた、塗料が流れて少し汚れてしまいました。
今年のOsaka Z Daysも10月28日に開催することが決まりました。
パーツの交換や研ぎ出しを行って、念入りに仕上げていくこととします。
Bahnhof3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です