Gare de l’Opera (10) – re-plan

当初の構想から2年が経過してしまいました。
Osaka Z Days 2017では、Gare de l’Opera用に購入した線路を使いヤードを構築し、展示運転の列車の入出線を行ったのですが、メインのレイアウトからの出入線は、出発してからレイアウトを周回して戻ってくると方向転換の必要があることなど、運用上の問題が判明しました。
また、終端駅としてRZモジュールに組み込んで使用する場合でも、駅を出発してもすぐに一回りで駅に戻ってくることになり、機関車の付け替えや方向転換も頻繁になります。
Raily
そこで、2線を通り抜け可能とし、RZモジュールにも組み込みやすくなるよう再検討してみました。


Flat
駅舎は、ドームを囲むのではなく、ドームの側面に移動です。
しかし、少し欲張って、終端部も囲むように、逆L字型とします。


Front
前のプラン同様、キットの箱絵を加工してイメージを掴みます。


Excel
Excel方眼紙で、更に細かくプランを練ります。


当初の計画よりキットの切り継ぎが少なくなり、ハードルは低くなりました。
秋のイベントに向けて再出発です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です