男の隠れ家 1月月例ミーティング

関西を中心としたZゲージ鉄道模型の愛好者のグループ「Baden谷九」の今年最初の月例ミーティングが1月19日開催されました。

この日は、新メンバー1名と、ゲスト参加1名を含む、8名の参加者でした。

2014年4月のプランニング開始より5年目を迎える二代目レイアウトの製作について意見交換を行い、山岳部モジュールのうち、左側の山を巡る山岳線について、次回のミーティング時に集中して製作することとなりました。

また、くまどんさんの手により、トンネルポータルをベースに取付けられ、雰囲気が断然、良くなってきております。

ゲスト参加の準急 響さんとは、Osaka Z day 2018において、Zゲージ車両の自作について、意見を交換させていただきましたが、この日も、ロクハンの14系客車を改造して、お座敷客車「あすか」と、50系客車を改造して、「SL人吉」用客車を作られて、持ち込んでこられました。
窓空けやドア埋め、窓ガラスの処理など、苦労が窺えます。

また、ロクハンのZショーティの動力ユニットを改造して、他の車両への転用を模索中とのことで、
タミヤのミニ四駆のパーツを利用したシャーシの製作というアイデアを披露いただきました。

またの参加をお待ちしております。

5年目を迎える二代目レイアウトの製作、次回は更なる変化をご報告できることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です