スカイビル クリスマスマーケット

早いもので今年もはや12月。
ブログの準備していながら、ようやくのアップロードである。
梅田のスカイビルでクリスマスマーケットが11月16日から開かれている。
http://www.skybldg.co.jp/event/xmas2007/index.html
ドイツの街々ではクリスマスの季節になるとヒュッテと呼ばれる屋台が広場を囲み、お祭り気分が益々盛り上がる。
梅田のスカイビルでは中庭にこのヒュッテを並べクリスマスマーケットが開催されている。
この記事は昨年のクリスマスに訪れた際のものをまとめたものである。
Sb001
広場の中央にはやはり大きなクリスマスツリーが飾り付けられる。
Sb002
ツリーを囲むようにヒュッテが並ぶ
写真では判りづらいが、おもちゃを売っているヒュッテではメルクリンのクリスマス貨車も売られおり、メルクリンのHOレイアウトも設置されていて、ワンコインで体験できた。
Sb003
とあるヒュッテで陶器でできたオーナメントを買ってみた。
Sb004
ドイツの冬といえばグリューワインと呼ばれるホットワインだ。
最初の1杯はこのクリスマスデザインのマグカップで出され、おかわりはこのマグカップに注がれるというシステムになっている。
Sb005
メルクリンのクリスマス貨車でも2003年にはこのグリューワインの貨車がリリースされている。
この他、メリーゴーランドもあり乗ってみたのだが携帯電話での撮影なのでうまく撮れていなかった。
今年もまた訪れてみたいと思っている。

クリスマストレイン

今年も残り2ヶ月を切り、街にはクリスマスイルミネーションも目に付くようになってきました。
11月2日にはヒルトン東京ベイにおいてクリスマストレインの出発式が開催されました。
http://www.hiltontokyobay.jp/event/christmas2007/index.html
昨年の話で恐縮ですが、文化の日にからむ3連休に東京ディズニーリゾートに行ってまいりました。
で、ディズニーリゾートホテルの中で何気に選んだのがヒルトン東京ベイ。
初日、ランドのほうを閉園まで楽しみ長いチェックインの列から開放されてエレベーターホールの横に設置されていたのが、このクリスマストレインのレイアウト。
チャリティに参加しているスポンサー企業の広告がプリントされたGゲージ(45ミリゲージ)の貨車がクリスマストレインとしてちょこちょこと走っております。
もう目は釘付け。
サンタクロースにワイン樽貨車。駅にはミッキーマウスも。
どうしたことか、デジカメのメモリには数枚しか記録されていませんでしたが、そのスナップを紹介しましょう。
Img_0323_2
Img_0324
Img_0322
Img_0326
Img_0327
Img_0328
Img_0329
帰阪して調べてみると名古屋ヒルトンでも同様のクリスマストレインが設置されているとのこと。
こちらはライブカメラでその様子を楽しむことが出来ます。
http://hiltonchristmastrain.com/camera/index.asp

Weinstrassen Express

オークションで 8879 BR218 Ep.Vを落札したので、
これに牽かせる客車として
87161 Bnz, 2等車
87171 ABn, 1等2等合造車
87181 BDnrzf, 2等コンパートメント制御車
をネットで探し出し購入しました。
Br218
赤色のBR218が牽く客車列車として、Weinstrassen Expressを模してみました。
(尤も、モデルはorientrot、現行はverkehrsrotと同じ赤でも少し違うのですが)
ドイツワイン街道(Deutsches Weinstrasse)は、ドイツ南西部のワイン産地ラインファルツ(Rheinpfalz)地方を、フランス国境接するシュバイゲン(Schweigen)から北上しボッケンハイム(Bockenheim)まで約85kmにわたってワイン産地を南北に貫いています。
Weinstrassen Expressを名づけられたRE(Regio Express)はライン川・モーゼル川合流点のコブレンツ(Koblenz)から、ライン川をさかのぼり、ビンゲン(Bingen)からドイツ最大のワイン栽培地ラインヘッセン(Rheinhessen)地方を横断し、ワイン女王の町ノイシュタット(Neustadt)からドイツワイン街道沿いにフランスアルザス地方のヴィッサンブール(Wissembourg)まで、1日1往復しております。
Karte