81562.005 シュタイフ

一昨年の2月、予約していたメルクリンのカタログを引き取りに阪急百貨店に訪れた際のこと。
まだメルクリンZゲージのことなど全くわからず、店員氏にカタログに価格の記載はないけど大体どれくらい?と尋ねたら、カタログのコピーのようなものを取り出してきて、これは現地でこれくらいだからこんなものとか、総代理店制が無くなったのでだいぶお求め安くなってきましたよとか、いろいろと閉店間際まで説明してくれました。
そして、ショーケースの中のシュタイフのぬいぐるみと汽車のセットを指差し、これもシュタイフと車両だけにして、お求め安くしてるんですと、話してくれました。
以来、阪急百貨店に訪れる度に、このシュタイフのセットを眺めるのを楽しみにするという子供のような月日が流れましたが、阪急百貨店の改築に伴い売場が移転し、シュタイフのセットもショーケースの中から消えてしまっておりました。
昨年の暮のこと、スーパーキッズランドが新たに日本橋にオープンということで、開店からしばらく経った頃に訪れたところ、ショーケースの中にシュタイフのセットの箱が。しかも値段もずっと下がって。これは買わなきゃと思いながらも、その後の予定があったので、次の機会にと、日を改めたところ、ショーケースの中は空っぽ。あの時思い切って買っておけばと後悔です。
eBayでも出品されているのを見つけましたが競り負けてしまい(時差の関係で終了時刻がこちらでは深夜から早朝にかけてというのは辛いですね。)あきらめていたところ、アメリカのショップに在庫があるのが見つけ早速オーダーしたものです。
到着したのは3月で、すでにmixiのほうでは紹介済み。
と前置きが長くなりましたが、この81562.005スタータパックは、メルクリンミニクラブ30周年とシュタイフテディベア100周年のコラボで、記念貨車とBR74、8500,8590,8521×6,8520×4のオーバル(512x402mm)、67271パワーパック(120V)にシュタイフのぬいぐるみと紙製の背景板とクリスマスツリーがギフトボックスの中に入っております。
箱から出して線路を組むだけてすぐに走行可能。アメリカ仕様のパワーパックも問題なく使えております。
車両のほうは、今年の暮にクリスマスケーキレイアウトの上でも走らせようかと思っております。
Steiff01
Steiff02_1
Steiff03
シュタイフと鉄道模型のコラボは、このほかにもメルクリンのHOやLGBから貨車との組み合わせで発売されており、LGBでは貨車の上にすっかり収まっております。
こういうのを見ると、LGBもいいなぁと思うのですが、我が家のベランダではLGBの線路は円周を敷くことが出来ないのが残念。
しかし、トランクレイアウトをどこにでも持ち運べるのがZゲージの魅力のひとつ。いつもながら滞っているレイアウト建設も、また再開を期しているところです。

ドイツ国鉄車両ガイド

GeraMond社から、ドイツ国鉄の車両ガイドが何冊か発行されているが、
最近発行されたものがアマゾンでも取り扱っているので紹介してみよう。
Wagen
タイトル:Wagen. Reisezug- und Gueterwagen der Deutschen Bahn
著者:Michael Dostal
ペーパーバック: 192ページ
出版社: GeraMond Verlag (2006/10)
言語 ドイツ語
ISBN-10: 3765471194
価格:¥2,356(税込)
Fahrzeuge
タイトル:DB-Fahrzeuge. Lokomotiven und Triebwagen
著者:Michael Dostal
ペーパーバック: 192ページ
出版社: GeraMond Verlag (2007/04)
言語 ドイツ語
ISBN-10: 3765471178
価格:¥2,041(税込)
上は、客車と貨車
下は、機関車と電車・気動車
いずれもフルカラーで形式写真と諸元とともに解説が記されているが、ドイツ語のためσ(^_^)には読解不能(^^ゞ
全ての現有車両を網羅しているわけではないが、価格・サイズ・入手の容易さから入門編には最適であろう。
メルクリンZゲージと並べて写真を撮ってみた。

オリエント急行・TEE

オリエント急行とTEEの本について、数冊オーダーしていたが、ようやく揃ったので紹介してみたい。
Oe01
タイトル:Orient-Express. Zug der Traeume
著者:Constantin Parvulesco
ハードカバー:189ページ
出版社:Transpress Verlag (2007/04)
言語 ドイツ語
ISBN-10:3613713055
購入先:amazon.co.jp
価格:4,576YEN
今年4月に刊行された本です。
オリエント急行の歴史をカラー写真と文章で紹介されております。
パリ-ウイーン間にEuroNightとして運行されていたオリエント急行が
今年1月2007年6月9日にTGVのストラスブール乗り入れに伴いストラスブール-ウイーン間に短縮される件まで記述されています。
Oe02
タイトル:Wagons-Lits, das exquisite Reisen
著者:Fritz Stockl
ハードカバー:96ページ
出版社:Slezak, J O (1984)
言語:ドイツ語
ISBN-10:3854160917
購入先:abebooks.de
価格:18.97EURO
オリエント急行の運行会社であるワゴン・リ社について検索して偶然見つけた本です。
ワゴン・リ社の食堂車・寝台車の形式写真がモノクロで掲載されています。
Oe03
タイトル:Orient-Express. Glanzzeit, Niedergang und Wiedergeburt eines Luxuszuges
著者:Werner Soelch
ハードカバー:211ページ
出版社:Alba Publikation (1998/01)
言語:ドイツ語
ISBN-10:3870941731
購入先:amazon.co.jp
価格:4,168YEN
オリエント急行の歴史を路線図と写真を交えて紹介されています。車両のデータなど資料も豊富に収録されています。
今年はTEE(TRAINS EUROP EXPRESS)運行開始50周年にあたります。
σ(^_^)も1986年に訪欧した際には、スイスのバーゼルからドイツのマンハイムまで「ラインゴルト」に乗車しましたが、このラインゴルトも翌年には廃止されてしまい、InterCityに移行してしまい、現在では、高速列車のICEやTGVがヨーロッパを駆け巡っています。
Tee01
タイトル:TEE. Trans Europ Express
著者:Maurice Mertens
ハードカバー:259ページ
出版社:Alba Publikation (1987)
言語:ドイツ語
ISBN-10:3870941146
購入先:amazon.de
価格:149.90EURO
TEEに関するバイブル的存在です。
TEEの各列車の変遷が文章や図、写真で紹介されております。
Tee02
タイトル:Das grose TEE- Buch. 40 Jahre Trans- Europ- Express
著者:Jorg Hajt
ハードカバー:144ページ
出版社:Heel (1997)
言語:ドイツ語
ISBN-10:3893655808
購入先:amazon.de
35.00EURO
TEEの各列車を美しい写真と文章で紹介されています。