ドイツ国鉄車両ガイド

GeraMond社から、ドイツ国鉄の車両ガイドが何冊か発行されているが、
最近発行されたものがアマゾンでも取り扱っているので紹介してみよう。
Wagen
タイトル:Wagen. Reisezug- und Gueterwagen der Deutschen Bahn
著者:Michael Dostal
ペーパーバック: 192ページ
出版社: GeraMond Verlag (2006/10)
言語 ドイツ語
ISBN-10: 3765471194
価格:¥2,356(税込)
Fahrzeuge
タイトル:DB-Fahrzeuge. Lokomotiven und Triebwagen
著者:Michael Dostal
ペーパーバック: 192ページ
出版社: GeraMond Verlag (2007/04)
言語 ドイツ語
ISBN-10: 3765471178
価格:¥2,041(税込)
上は、客車と貨車
下は、機関車と電車・気動車
いずれもフルカラーで形式写真と諸元とともに解説が記されているが、ドイツ語のためσ(^_^)には読解不能(^^ゞ
全ての現有車両を網羅しているわけではないが、価格・サイズ・入手の容易さから入門編には最適であろう。
メルクリンZゲージと並べて写真を撮ってみた。

オリエント急行・TEE

オリエント急行とTEEの本について、数冊オーダーしていたが、ようやく揃ったので紹介してみたい。
Oe01
タイトル:Orient-Express. Zug der Traeume
著者:Constantin Parvulesco
ハードカバー:189ページ
出版社:Transpress Verlag (2007/04)
言語 ドイツ語
ISBN-10:3613713055
購入先:amazon.co.jp
価格:4,576YEN
今年4月に刊行された本です。
オリエント急行の歴史をカラー写真と文章で紹介されております。
パリ-ウイーン間にEuroNightとして運行されていたオリエント急行が
今年1月2007年6月9日にTGVのストラスブール乗り入れに伴いストラスブール-ウイーン間に短縮される件まで記述されています。
Oe02
タイトル:Wagons-Lits, das exquisite Reisen
著者:Fritz Stockl
ハードカバー:96ページ
出版社:Slezak, J O (1984)
言語:ドイツ語
ISBN-10:3854160917
購入先:abebooks.de
価格:18.97EURO
オリエント急行の運行会社であるワゴン・リ社について検索して偶然見つけた本です。
ワゴン・リ社の食堂車・寝台車の形式写真がモノクロで掲載されています。
Oe03
タイトル:Orient-Express. Glanzzeit, Niedergang und Wiedergeburt eines Luxuszuges
著者:Werner Soelch
ハードカバー:211ページ
出版社:Alba Publikation (1998/01)
言語:ドイツ語
ISBN-10:3870941731
購入先:amazon.co.jp
価格:4,168YEN
オリエント急行の歴史を路線図と写真を交えて紹介されています。車両のデータなど資料も豊富に収録されています。
今年はTEE(TRAINS EUROP EXPRESS)運行開始50周年にあたります。
σ(^_^)も1986年に訪欧した際には、スイスのバーゼルからドイツのマンハイムまで「ラインゴルト」に乗車しましたが、このラインゴルトも翌年には廃止されてしまい、InterCityに移行してしまい、現在では、高速列車のICEやTGVがヨーロッパを駆け巡っています。
Tee01
タイトル:TEE. Trans Europ Express
著者:Maurice Mertens
ハードカバー:259ページ
出版社:Alba Publikation (1987)
言語:ドイツ語
ISBN-10:3870941146
購入先:amazon.de
価格:149.90EURO
TEEに関するバイブル的存在です。
TEEの各列車の変遷が文章や図、写真で紹介されております。
Tee02
タイトル:Das grose TEE- Buch. 40 Jahre Trans- Europ- Express
著者:Jorg Hajt
ハードカバー:144ページ
出版社:Heel (1997)
言語:ドイツ語
ISBN-10:3893655808
購入先:amazon.de
35.00EURO
TEEの各列車を美しい写真と文章で紹介されています。

メルクリン Zゲージ リンク集

ひっそりと存在しておりましたこのブログですが、かがみさんのSpur Z Roomからリンクを貼っていただいたり、私のmixi日記で紹介してみましたらアクセスも増えてまいりました。
また、検索サイトからも「メルクリン」「オリエント急行」「トランクレイアウト」などをキーワードで検索して訪れていただいているようです。
そこで、メルクリン Zゲージ (メルクリン ミニクラブ) に関するリンク集をまとめてみました。
といっても、これはマイミクのRBさんのお父様が鉄道模型を始めたというので、Zゲージのサイトを紹介したものに手を加えたものです。
まずは本家ドイツにある、メルクリン社メルクリン Zゲージ
アメリカ型は マイクロトレインズ 社です。道床付レールも同社から発売されています。
昨年、食玩として発売された日本型Zゲージは プラスアップ 社から。
模型の購入については、大阪周辺についてですが、
松本商事 が出店している 阪急百貨店 に詳しい店員がおられます。
日本橋の ショーシン の スーパーキッズランド本店 と ニノミヤ の ホビックス でも取り扱いがあります。
芦屋の モデルバーン は外国型全般は広く取り扱われております。
東京の クラフト はZゲージに関してはピカ一でしょう。
ららぽーと横浜 にオープンした Uni art ではレイアウトが常設されています。
海外の通販ショップについては私はこちらを利用しております。
Euro Rail Hobbies and More (カナダ)
WALTHERS (アメリカ) はカタログで有名です。
LOKSHOP (ドイツ) は日本語で連絡が可能です。
オークションは
Yahoo!オークション では専用カテゴリはありませんが、いろいろと出品されています。
海外の eBay.comeBay.de では種類も豊富です。但し自己責任で。
支払は PayPal が便利です。
個人のサイトです。
多くのZゲージャの方がホームページでZゲージの情報を発信されています。その中から。
いつもお世話になっています。かがみさんの Spur Z Room では、かがみさんご自身で作成されたレイアウトの製作記ほはじめ、そこに集う皆さんのフォーラムへの投稿で充実しています。
一昨年の関西オフミでお会いした しっぽしゃっぽさんの 風のおひるね は、Zゲージから1番ゲージまでメルクリンの鉄道模型の楽しみ方・購入方法などが紹介されています。
そうそう、2ちゃんねるにも 【1/220】Zゲージ・ZJゲージ総合【6.5mm】 というスレッドが立っております。
また、ミクシィにも メルクリンZゲージ というコミュニティが作成されています。